体臭チェッカーの情報と体臭対策方法を提案します

体臭チェックメイト

加齢臭

加齢臭の発生原因 すぐに止めたい4つの要因と対策方法

投稿日:

加齢臭とは、体から発生する脂っぽいニオイのこと。その脂っぽいニオイの原因は皮脂の酸化です。

 

人間の皮脂腺から出る脂は年齢を増すごとに酸化していきます。そのため加齢臭を完全に防ぐことは不可能です。

 

いま愛用している石鹸・ボディーソープで体臭ケアができていると思いますか?しっかり対策しているつもりでも、自身の体臭は気付きにくいものです。

 

また加齢臭は男性だけのイメージが定着してますが、加齢臭は女性にもあります。誤った思い込みは危険です。今一度、ご自身の体臭について考えてみましょう。

 

加齢臭を強くする要因を集めました

1.肉や揚げ物などの食事が多い

加齢臭の原因を減らしたいと思ったら、当然ノネナールを発生させないためにも体の内側から対策をするのが健康的にもオススメです。

そのためには毎日の食事のバランスが非常に重要です。加齢臭は皮膚から分泌される皮脂が酸化したもの。皮脂の酸化は野菜や果物から摂取する栄養で加齢臭を抑えることにつながります

外食などで脂質の多い偏った食事を摂取しがちですが、できるだけ控えることで加齢臭にも影響が出てくるでしょう。

関連記事体臭の原因は食生活!?遠慮したい脂と酸化を抑える食べ物・腸内環境改善まとめ

 

2.ストレス

 

人はストレスを受けることで、活性酸素が生まれます。

加齢臭の原因のノネナールは皮脂腺の中で脂肪酸のパルミトオレイン酸と過酸化脂質が結びつくことで発生します。つまり、過酸化脂質を作りだす活性酸素が増えることで、より加齢臭を強くしてしまいます。

皮肉なことですが、強いストレスを日々感じる人が活性酸素の量を増やし、加齢臭を強くしてしまう結果となってしまうのです。そのためできるだけストレスをためない生活をする必要があるでしょう。

 

3.汗をかく機会がない

仕事に追われる生活な人ほど運動する機会がなく、エアコンがきいた部屋で長時間いるなどしてあまり汗をかかないでいると、汗をかく汗腺の働きは段々も鈍くなってきます。

汗腺の働きが鈍くなってくるとべたべたした汗をかきやすくなり、臭いも強くなってきます。

当然その汗の臭いは皮脂の臭いと混ざるため、食生活が乱れている人ほど強い臭いになってしまうのです。

関連記事有酸素運動で体臭対策を!!汗腺機能アップと図で示すリパーゼ活性の仕組み

 

4.たばこやお酒がやめられない

 

ストレス軽減のため、たばこを吸っている人も多いかと思います。しかし、たばこは百害あって一利なしといっても過言ではありません。なんとタバコにはニオイの成分が4,000種類もあると言われています。

その成分の主体となるのは、アセトアルデヒドやアンモニア、硫化水素、ニコチンなどの極めて脱臭しにくい成分です。

 

なかでもアセトアルデヒドは臭いだけではなく、活性酸素を増加させる物質。

 

タバコは副流煙だけでなく、体臭面としても周囲の人にも迷惑をかける原因にもなります。考えてもみれば「吸っている時間」も勿体無いです。

 

お酒も体臭を強くしてしまう原因。その要因とは発汗の促進によることと、アルコールを肝臓で分解したときにニオイの強い物質に変わってしまいます。

お酒はストレスを軽減するにはいいですが、多く飲みすぎることでかえって体臭を強くすることになってしまいます。

関連記事体臭が臭いのは嫌だけど断酒は無理!!ならこの3つの体臭改善対策を

 

ゴシゴシ洗いは加齢臭を強くする原因

体についた皮脂や汗は毎日のお風呂で落とすのが最も簡単で効果的な方法です。

しかし、体をゴシゴシ洗ったからといって臭いがしなくなるというわけでもないですよね。

体を強く洗いすぎるのは皮脂の分泌を過剰にしてしまうため逆効果になってしまいます。そのためには加齢臭の原因となる皮脂の分泌を抑える洗い方やケア方法を知る必要があるでしょう。

関連記事加齢臭を予防する体の洗い方 ゴシゴシ洗いは絶対NGな理由

加齢臭対策ボディソープの選び方!!加齢臭スッキリのボディソープTOP5を紹介!

スポンサーリンク

-加齢臭

Copyright© 体臭チェックメイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.