体臭チェッカーの情報と体臭対策方法を提案します

体臭チェックメイト

加齢臭

加齢臭対策のすすめ 若さを保つニオイケアの方法

投稿日:

 

加齢臭ってなに!?

大人になってから加齢臭という言葉を知らない方はいないというくらい世間に浸透している加齢臭というにおいの名称。ですが体臭については誰が教えてくれるわけではないので、正直よくわからないものですよね。

 

そもそも加齢臭は1999年に資生堂が加齢臭の原因物質の「ノネナール」を発見した際に命名したもの。そんな加齢臭、年配の男性のみにしか発生しないのでは?と思っている方も決して少なくないはず。

 

毎日お風呂に入って身体を洗って清潔にしているから自分は大丈夫!!と思っている方ほど足元すくわれます。なぜなら加齢臭メカニズムは男女関係なく、女性にも発生するニオイだからです。

 

女性の加齢臭が発生しだす時期は、女性ホルモンが大きく減少する40歳以上に発生しやすいとされています。つまり加齢臭は悲しいことに老化のサインとなってしまうわけなんですね。

 

人が若くみられる印象として外見の比率が非常に高いと思いますが、きれいな容姿でも加齢臭がしていたらどうでしょうか?

 

どんなに外見がよくオシャレに着飾っていても、その人のイメージはダウンするでしょう。

 

加齢臭を対策していくには、まず加齢臭を知ることが必要です。それを踏まえてご自身にあった対策方法を選んでいくのがベターといえます。

 

このページではそんな女性の加齢臭の発生場所や対策方法についてまとめたページとなっています。

最近体のニオイが気になってきた方はぜひ参考にしていただきたいと思います。

 

※すぐに加齢臭対策を見たい方はこちらでジャンプできます。

 

 

そもそもどんなニオイを加齢臭っていうの?

加齢臭のニオイ。

文章で表現しずらいのが本音ですが、よく言われる表現を以下にピックアップしました。

 

  • ロウソクのようなニオイ
  • 脂くさい
  • 青くさい(!?)
  • 古本のようなニオイ
  • ボイルしたにんじん

 

上記のようなニオイが発生する要因は、先ほどでも述べている資生堂が発見した「ノネナール」が関係しています。

その気になるノネナールは私たちの皮膚にある皮脂腺という場所から発生しています

 

皮脂腺とは肌のうるおいを保つために皮脂を分泌する場所であり、体のほぼ全身※1?に分布しているものです。

 

そして、皮脂の組成(そせい)は年齢により変化してくるものであり、ニオイの原因物質は加齢と共に増加する傾向にあります。

 

加齢とともに発生するニオイが「加齢臭」。年齢を増すごとにきちんとしたケアが必要になるわけね。

 

※1 皮脂腺は手のひら、足の裏、爪には存在していません。

 

女性ホルモンの減少がさらに体臭を強くする

年齢を重ねるにつれて加齢臭の原因ノネナールが増加する以外に、女性ホルモンが減少することも体臭を強くする要因の1つとなっています。

 

そもそも女性ホルモンには汗腺機能を調節する働きがあるのは知っていましたか?

 

女性ホルモンが減少することにより、均衡を保っていたホルモンバランスが崩れてしまいます。

すると以下のような体の変化により、体臭が臭うようになってしまいます。

体臭を強くする要因

ホットフラッシュ

全身からではなく、体の一部顔、首、胸などから汗がどっと噴き出てくる。

精神発汗

自律神経のバランスが崩れて汗をかくと、アンモニアなどのニオイ物質を含むことが多い。

 

普段の運動でかく汗よりもホットフラッシュや精神発汗などによりかく汗はニオイの強い汗をかきやすくなります

 

そのため、ノネナールによる加齢臭にニオイの強い汗がプラスされてその人独特な加齢臭へと変化してしまうのです。

 

精神性発汗について

ホルモンバランスが崩れだすことにより、イライラや不安などの精神症状により精神性発汗のメカニズムが強く働くようになることも影響しています。

 

では、体臭にも関係してくる女性ホルモンの減少時期を次項にて見ていきたいと思います。

 

女性ホルモンが減少する時期とは?

女性が妊娠・出産をする体を作るため、脳からの指令を受け卵巣でつくられているものが女性ホルモンです。

 

女性の体はこの女性ホルモンの働きにより、初潮から閉経するまで体が変化していくのです。

 

つまり女性の体は女性ホルモンのバランスによって保たれており女性特有の心身が不安定になりやすい要因も、女性ホルモンの影響からくるものとされています。

 

そもそも女性ホルモンには、

  • 卵胞ホルモン「エストロゲン
  • 黄体ホルモンの「プロゲステロン」

の2種類が存在しています。

 

そのうちの卵胞ホルモンの「エストロゲン」が多く分泌されるのは、生理の終わり~排卵前までで、エストロゲンの分泌が増えるこの時期を「卵胞期」と呼ばれます。

この卵胞期は基礎体温が低く、気持ちも体も比較的安定しており肌の調子も良くなるのが特徴として挙げられます。

 

そのエストロゲンの分泌量は下のグラフを見るとわかりやすいと思います。

エストロゲン減少グラフ

出典:ホルモンケア推進プロジェクト

初潮を迎える12歳くらいになるとエストロゲンの分泌量がグンと増えてきます。

 

エストロゲンが活発に作られるのは30歳の半ばくらいまでで、30歳半ばを超えたころから徐々に減少をし始めます。

 

そして40歳ごろから卵巣機能が低下するとともにエストロゲンの量は急激に減少の傾向になるわけです。

 

つまりこのエストロゲンが大きく減少することにより、生理の周期が乱れるだけでなく体と心も非常に不安定になりやすくなるわけです。

上のグラフでもわかる通り、人の閉経年齢の平均が50歳ごろとされており、この前後の5年間(計10年間)の期間が「更年期」と呼ばれているのです。

 

ちなみに女性の年代別のライフサイクルをまとめると以下の表のようになります。

0~8歳 小児期
8~18歳 思春期
18~45歳 性成熟期
45歳~55歳 更年期
55歳~ 老年期

 

女性ホルモンの減少する時期がわかったところで、加齢臭の発生源を知っておくようにしましょう。

 

どこがニオイの発生源なのか知っておこう

人の体臭は体のあちらこちらから発生しています。

ですが発生源を意識して対策することできちんとした体臭ケアにつながります。また人によってニオイが強く発生する箇所も異なるため自身の体臭をチェックすることも必要となってくるでしょう。

 

こちらがニオイの発生源

 

頭皮

皮脂の分泌が多い頭皮は加齢臭が発生しやすい箇所となります。

 

髪の毛

髪の毛自体には臭いはありませんが、髪が傷んでいることにより外部のニオイを吸着しやすくなってしまいます。

 

耳の後ろ・首

実は皮脂の分泌が活発な箇所であり、よく洗えていない加齢臭の隠れスポット。

 

背中

汗をかきやすい箇所であり、皮脂分泌もしやすい箇所。そのため汗の臭いと加齢臭が混ざりニオイが強くなりやすい。

 

ワキの下

加齢臭以外にも、ニオイの強い汗が出るアポクリン腺がありいろいろなニオイが混ざりあうことで、強いニオイが発生しやすい箇所。

 

デリケートゾーン

汗をかいた時や月経時には、下着などで蒸れやすい為、ニオイが出やすい。

 

分泌した汗や皮脂が靴の中で蒸れることにより、雑菌が繁殖しやすい箇所になっている。ストッキングやパンプスなどがさらにおいを強くする要因となっている。

 

こんな生活の方は要注意!!加齢臭危険度をチェック!!

 

加齢臭が発生しやすい生活習慣を以下に七つほど挙げました。

多く当てはまるようであれば、加齢臭が強く発生している可能性があるので改善の必要があるでしょう。

 

においチェックをしよう!

  • 年齢は40歳を越えている
  • よく眠れない
  • ベタベタとして汗をかくようになった
  • ストレスをすごくためている
  • お酒がないと毎日暮らせない
  • 脂っこいものが毎日の食事にある
  • 身だしなみに興味がない
複数当てはまるようであれば、1つずつ対策していくようにしましょう。いっぺんに対策しようとするとストレスになり、続かないことが多いので注意が必要ね!

 

自身のニオイチェックをしたい⇒どうすればいいの!?

人間は同じにおいを嗅ぎ続けることにより、鼻がマヒして自分の臭いがわからなくなるという習性があります。

つまり、自分が無臭だから大丈夫!!だと思っている人ほど危険なのです。

 

スメハラの原因も自身がニオっていることを気付かないでいることがまずあります。サービス業では体臭のチェックまで行う企業も増えてきているようです。

 

加齢臭が気になっているなら一度セルフチェックをしましょう。常に自身のニオイを把握しておくと、常に体臭への意識が生まれ改善への一歩を踏み出せます。「なんとかしよう」その意識が大切なのです。

 

自分のにおいチェックってちょっと怖いけど、自身の体臭を知ることで意識が生まれ、ケアをしようという気にもなる。結果、不安も解消に向かいますよ

 

ニオイチェック方法として以下の3つの方法で確認してみるといいでしょう。

 

  • 枕、寝具のニオイをチェックする
  • お風呂から出たあとに、自身の脱いだ服のにおいをチェックする
  • 体臭チェッカーを使ってみる

 

では体のニオイの発生源やチェック方法を学んだところで実際に加齢臭のケアの方法を次項から見ていきたいと思います。

 

ニオイをケアしてもっときれいになる

ニオイをケアするといっても、体を洗うだけではきちんとしたケアとはいえません。そこでいくつかの項目に分けてケア方法を紹介したいと思います。

 

ボディケア関連

ニオイといっても身体のすべての部分から気になるニオイが発生しているわけではありません。

 

先ほどニオイの発生源のところで触れましたが、頭、背中、Tゾーン、わき、デリケートゾーンが特にニオイが気になってくる箇所です。だからといって洗いすぎて肌を痛めてしまわないように注意して洗う必要があります。

また洗った後はローションや乳液で潤いを補給することを忘れずにいることも重要です。

 

ボディはTゾーンを洗うように!

 

加齢臭の原因となる皮脂の分泌が多い箇所として胸元と背中が挙げられます。

 

なので体を洗う際には胸元と背中を中心に洗うようにしましょう。注意したいのはナイロンタオルのような刺激の強いタオルを使わないこと。

ゴシゴシ肌を洗うことは肌を傷つけるだけでなく皮脂の分泌まで過剰にしてしまう原因となります。

 

洗いすぎも体臭に良くない!?

私たちの皮膚には常在菌であるブドウ球菌が雑菌の繁殖を抑えるバリアの役割をはたしています。

しかし、体をゴシゴシと洗いすぎてしまうとそのバリアの役割をはたしているブドウ球菌まで洗い流してしまいます。

するとニオイの原因を作り出している菌が増えることになり、体臭を強くしてしまう原因となってしまいます。そのため、過剰な洗いすぎは肌のトラブルにもなるし、体臭を強くする要因ともなるのでなにもいいことがありません。

 

タオルでゴシゴシと体を洗うのではなく、しっかりと泡立てた泡を手でもって転がすように洗うのがおすすめです。

その為には身体を洗う際のボディソープは泡立ちの良い保湿成分を含んでいるものを使うようにしましょう。当サイトがおすすめする加齢臭ボディソープ

 

デリケートゾーンの洗い方

デリケートゾーンという言葉からごく優しく洗うようにしましょう。外陰部はぬるま湯でサッと流すくらいで実は十分。

膣に関してはしっかり洗いすぎている人も多いのではないでしょうか?実は膣に関しては自浄作用があるので、洗浄すると返ってphバランスが崩れて雑菌が入りやすくなってしまいます。

つまり膣は洗浄する必要がないんです。

とくに、更年期前後から膣の自浄作用は衰える傾向にあるため、洗ってしまうことにより保たれているphのバランスを崩してしまうことになってしまいます。

ですので、特に更年期からは膣の洗浄をすることは控えることをおすすめします。

 

足の洗い方

特に働く女性にとっては足の臭いは靴を脱ぐ際に人には絶対嗅がれたくない場所ですよね。

しかし、ストッキングやパンプス、ブーツなどは足の臭いの原因となる細菌が繁殖する絶好の環境になっているため、足のニオイが無臭でいることは非常に困難なこと。

足には汗腺が非常に多くあり、その上靴やストッキングなどで長時間密閉状態であるため、細菌が繁殖しやすい環境を私たちが作り出しているんですね。

また足は角質層が厚いことから、剥がれた角質が細菌の餌になりさらなる雑菌の繁殖へプレゼントをしてしまいます。そのため足の臭いを軽減する為には、日常的に以下のような足のケアやニオイの防止対策をしておく必要があるでしょう。⇒足の臭い対策におすすめな石鹸

足のニオイ防止には

  • 通気性のいい靴や靴下を履く
  • 汗を吸収するインナーソールを敷く
  • 日常的に足の裏の角質をケアする

このような対策を日常的に行う必要があるでしょう。

 

 

足の臭いのケアに関してこちらのページにて詳しく解説しています。

【冬のブーツ】足の臭いがとれない!!簡単足の殺菌・消臭・角質ケア3つ

    足の臭いがどうしてもとれない!!   きちんと洗っているのにすぐに臭ってくる…どうして??   靴を脱いだ後の足の臭い。人に近づかれたくない恥ずかしい部 ...

スポンサーリンク

-加齢臭

Copyright© 体臭チェックメイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.