体臭チェッカーの情報と体臭対策方法を提案します

体臭チェックメイト

加齢臭

朝の加齢臭は最悪! 1分で済む!?すぐにできる対処法・予防法

更新日:

 

 

加齢臭は自分自身ではなかなか気付くことはできないものです。

 

そんな臭いを振りまいていると、身だしなみに対する印象に大きなマイナスのイメージをもたれてしまいます。

 

対照的に加齢臭をケアできている人は印象良く見られます。それは自身の身近な人があなたに対する評価でもあり、その人の好き・嫌いを左右する要因ともなります。

 

そんな加齢臭を忙しい朝の1分で対処できる方法を紹介したいと思います。それと就寝中の臭い対策についても触れていきたいと思います。

 

就寝中に臭いが増強する

 

仕事に疲れてそのままベッドへ。

 

「めんどくさいし、お風呂は朝に入ればいいや。」そんな日常だったりしませんか?もしくは、「私は朝シャワー入るだけで十分」なんてことはありませんか?

 

そんな方は一日の活動で体の中に溜まった乳酸を減少させることはできずに自身の体臭を強くしてしまう要因となります。

 

実は加齢臭のニオイに気付く場面は、朝布団から出たときが実は一番多いのです。最近では寝起き臭とも言われるようになりました。

 

就寝中には布団の中で加齢臭が発生し、寝床の中で臭いがこもります。朝はとても忙しいというか、出勤する前までもっと寝ていたい。

 

そう!ぎりぎりまで寝ている方も少なくないわけです。

 

そのため、ふとんの中で発生したニオイをそのまま仕事場に持っていくことになってしまうのです。だから朝の満員電車の中はそのような臭いをまとっている方が多い為、あのような悪臭を放っている結果となっているんですね。

 

その臭いを解消できる対処法を3つほど紹介します。

 

それは

  1. 朝シャワー
  2. 夜のお風呂のタイミング
  3. お風呂にひと工夫をする

簡単な対策方法ですし、意識一つで加齢臭を対策できるので、ぜひ試していただきたいと思います。

 

では見ていきたいと思います。

 

1.朝シャワー

 

朝忙しくてもシャワーを1分間浴びるだけで加齢臭の臭いを減少すると、テレビ番組でみたことがあるかたもいるのではないでしょうか。

 

実際にシャワー後、臭気測定器を使って検証しておりその効果は実証されていました。

 

その方法とは

 

胸と背中それぞれ30秒、温度41度のシャワーを浴びる

 

ただそれだけです。

 

加齢臭の発生する原因の皮脂分泌が多い箇所は胸のあたりと背中となっています。その個所の古くなった皮脂を温水によって落とすこと。

 

石鹸やボディソープで洗う必要もありません。

 

注意したいのはそのシャワーの温度。41度程度というのがポイント!

 

水温が低すぎても効果が薄いということですし、熱すぎると皮膚を傷めてしまう原因ともなります。加齢臭の原因となる皮脂は簡単に言えば脂になるわけですので、温度が低すぎても脂が溶けずに意味がなくなってしまうというわけですね。

 

41度なので、普段入っているお風呂の温度と同じくらいと覚えておきましょう。

 

洗濯物の皮脂汚れもたしかそうだったよね。洗濯物の臭いに困っている方はこちらのページで書いています。

 

体臭が気になる場合、1分程度シャワーを浴びるだけなので非常に簡単であり続けやすい。

 

またその効果は12時間程度持続するという検証結果もでていますので、朝すこし早く起きてシャワーを浴びる習慣が体臭をケアする一歩になるでしょう。

 

しかし、じつは加齢臭をケアするのに一番重要なことは前日のお風呂でゆっくりつかることなんです。そうすれば時間のない朝も加齢臭を気にすることなく、ゆっくりした朝を過ごすことができます。

 

2.夜のお風呂のタイミング

ゆっくりお風呂にはいることが加齢臭をケアすることにつながります。

 

そもそも入浴には、汗腺や皮脂腺にたまった汚れや皮脂を浮き出させ除去する効果があり、血液の循環も促進することで新陳代謝もよくなり健康にもとっても加齢臭にとっても非常に良いと言えます。

 

ただし入浴する際に気をつけるポイントがもちろんあります。

 

ポイントは1つだけそれは

 

寝る1時間前にゆっくりと入浴を済ませること

 

たったそれだけで十分加齢臭対策になります。

 

逆をいえば、寝る直前に入浴することは臭い対策にもよくないということを覚えておきましょう。

 

寝る直前にお風呂入るのはなぜダメなの?

人間の体は寝ている間に寝汗をかいて体温を下げ、脳を落ち着かせて熟睡につなげられるように機能しています。

 

それを寝る直前に入浴することにより、脳温と体温が上がっている状態で休むことになるため、体が必要以上に寝汗をかいてしまうことになります。

 

これが布団の中で蒸されて臭いの元へ。さらには熟睡もできないということでダブルパンチです。

 

もちろん朝のシャワーを浴びることで寝汗の臭いをとることは可能です。

 

それならば忙しい朝にシャワーを入らずとも夜の入浴を見直したほうが時間的にも効率的であるし、熟睡へとつながるので入浴を見直すのに越したことはないのです。

 

さらに加齢臭軽減に役立つ、夜のお風呂での工夫を紹介したいと思います。

 

3.お風呂に一工夫する

 

ニオイを撃退する方法としてお風呂にお酢などに含まれるクエン酸を入れると良いでしょう。

 

クエン酸にはまず殺菌作用があります。

 

クエン酸を入れたお風呂に入ることで汗腺に吸収され、アンモニアと乳酸の生成が抑えられます。

 

汗の臭いを酸っぱくする要因となるのはアンモニアとなりますので、汗をかいたときの汗臭さを抑える結果となります。またクエン酸の作用で皮膚を弱酸性に保つことにより雑菌の繁殖をも防いでくれます。

 

私たちの身近なクエン酸を含むものとして食用酢が挙げられますが、それよりも木酢液や竹酢液などであればさらに効果が期待できます。

 

木酢液?竹酢液?

木酢液や竹酢液はそれほどメジャーなものではありませんが、ドラックストアでも置いてあるお店もあります。

管理人の家にある木酢液です。ちなみにドラックストアで購入しました。お風呂に入れることにより、お酢の臭いが広がるので入浴中に気になるかたもいるかもしれません。

 

実際に使ってみたけど、結構癖のある臭いが充満するので嫌いな方がいるかもしれないね。特に女性や子供にはオススメできないニオイかも。

 

そのほかクエン酸と重曹を含む加齢臭を軽減する入浴剤があるので紹介しましょう。

 

重炭酸湯で体を芯から温める

 

「炭酸泉」をご存じですか?

 

今ではスパやスーパー銭湯などで注目されている炭酸ガス(二酸化炭素)を含んだお湯のことで、入浴すると細かな泡が付着する通称「ラムネのお風呂」とも言われているものです。

 

こちらにドランクドラゴンの2人も出演している参考動画もありますのでもしよかったらこちらをご覧ください。みるだけでもためになります。

 

炭酸泉について

お湯1リットルに炭酸ガスが0.25g以上(250ppm)溶けたものが炭酸泉と定義されています。またお湯に1g(1000ppm)以上含まれていると高濃度炭酸泉となります。

もちろん濃度が高いものほどその効果を発揮すると言われています。

 

その炭酸泉に入浴することにより、体の芯から温まることができ湯上り後も体がポカポカと温かく、持続性が強い特徴があります。そのため血行促進し自立神経が優位に働くことによりリラックス効果もあります。

 

使用時の血流の違いはこれほどまで変わります。

 

赤線が炭酸泉入浴剤を入れた時のデータ)

 

また体臭に関しては、疲れて帰ってきた体に溜まっている乳酸を大きく減少させるほか、汗をかくための汗腺機能を向上させる作用もあります。

 

温泉大国と言われているドイツでは自然の炭酸泉が湧き出ており、重炭酸温浴は病気やけがを治す医療泉として親しまれているほどです。

 

世界初の入浴剤

こちらの入浴剤はアルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を錠剤化したものです。

 

そのクエン酸と重曹が体臭に与えるそれぞれの役割は

  • クエン酸の酸性でミネラル汚れを溶かす肌を弱酸性に保つ
  • 重曹のアルカリ性でお肌をやわらかくして肌の表面の角層(垢)をはがす

といった作用があり、加齢臭の原因となるミネラルが含んだ皮脂をしっかり落とすことができます。

 

重曹やクエン酸は体臭をケアするのに有名ですが、その作用を同時に体験できるこの入浴剤はすごいの一言です。

 

まとめ

 

加齢臭を対策していくにはまず、就寝前の1時間までにお風呂は入っておくということが重要です。

 

さらに、朝起きた際にお風呂とおなじ温度のお湯を1分間胸と背中にかけるだけで臭いを抑えることができます。

 

加齢臭は自身ではなかなか気付くことができません。そのためきっちりとした対策をしておくようにしましょう。

 

スポンサーリンク

-加齢臭

Copyright© 体臭チェックメイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.