体臭チェッカーの情報と体臭対策方法を提案します

体臭チェックメイト

食事

体臭の原因は食生活!?遠慮したい脂と酸化を抑える食べ物・腸内環境改善まとめ

更新日:

 

 

働き盛りのオトコ30代。‥汗をかくと体臭が気になりませんか?

 

実は、そのニオイの原因は日々の食事からくるものです。

 

食事で体臭ケアなんでできるの!?そう思う方はまず以下のポイントを覚えておいてください。

 

体臭ケアを意識した食事。大切なのは、

 

  • 動物性脂質を控える
  • 抗酸化作用の含まれている食品を摂取する
  • 腸内環境をよくする

 

~が挙げられます。

 

人は年齢が上がるにつれ体臭が強くなります。スプレーやクリームといったニオイ対策グッズも豊富にありますが、内的な要因とも言える「食事の見直し」も必要です

 

ぜひ本記事を参考にして頂き、ご自身の対策を検討してください。では項目ごとに解説していきます。

 

 

体臭を軽減する!!そのために意識すべき食事は?

 

 

食事による対策方法。‥ということですが、体臭のみならず健康な体を維持するためにも必要なのが毎日の食事です。

 

体臭の原因は私たちが普段何気なく食べている物。

 

日々の運動やストレス対策も大切ですが、まずは食事から。いくら身体も動かしてストレスを対策してもいっこうに報われない‥そんな悲しい結果にならぬよう、まずは食事を変えていきましょう。その方が効率的です。

 

以下の項目では、体臭ケア目的として食事をする際の注意点をまとめました。

 

動物性脂質を減らすことが重要!

 

動物性脂質」といわれて食材がパッと浮かびますか?イメージしやすいものを以下に挙げました。

  • ラード
  • バター
  • ロース肉
  • チーズ
  • 牛の脂(ヘッド) など

 

上に挙げた食品類は「飽和脂肪酸」と言われるもの。ざっと説明すると、常温では固形になり人間の体温では溶け切らない脂、です。

 

飽和脂肪酸を取り過ぎると

動物性脂質の摂りすぎは血液中の中性脂肪やコレステロール濃度を上げてしまうことになります。

そのため脂質異常症や動脈硬化を引き起こすため過剰な摂取は健康にも良くはありません。また体臭を強くしてしまう要因ともなるのです。

その要因は次項にて解説します。

 

皮脂をなるべく出さないようにする

 

我々人間は皮膚のうるおいを保つため皮脂腺から皮脂を分泌しています。

 

まえの項目で挙げた動物性脂質を過剰に摂取すると、皮脂腺で分解される脂肪分が増加します。それにより皮脂腺を刺激。その結果、皮脂が過剰に分泌されやすくなる、という仕組み。

 

家庭で使う食用油もそうですが、油は古くなると臭くなりますよね。肌の表面にでた皮脂はさほど臭くはありませんが、皮脂は汗や古くなった皮膚と混ざります。

 

そして時間が経過することで酸化して変色します。その皮脂が皮膚上の常在菌に分解される⇒臭いニオイを発生。といった流れで体臭が発生するわけです。

 

すべての油脂がNGではない

 

 

油は油脂に入っている脂肪酸によって分類されます。↓↓表にして分類しました。

 

脂肪酸

種類

多く含まれるもの
飽和

脂肪酸

ラード、バター、ロース肉、チーズ、牛の脂(ヘッド)
一価
不飽和脂肪酸
紅花油、コーン油、オリーブオイル、ゴマ油
多価
不飽和脂肪酸
脂の乗った魚(サケ、サンマ、ブリ、ウナギ、イワシ、にしん など)

えごま、なたね油、アマニ油、くるみ、グレープシード油、コーン油、大豆油 など

 

植物由来の油脂の中には、摂取しても体臭に影響が低いとされているものがあります。

 

それはオリーブオイルです。なかでもポリフェノールが含まれているエクストラバージンオリーブオイルがおすすめ。

 

なぜおすすめなのか?次の項目で書きました。

 

エクストラバージンオリーブオイル

 

エクストラバージンオリーブオイルはパスタやサラダなど、主にイタリア料理に使われている油です。

 

以前は油を摂取すると太ると言われていました。しかしエクストラバージンオリーブオイルは健康な食生活を送るために必要な油、と注目されています。

 

なぜか?

 

その理由はエクストラバージンオリーブオイルの75%の成分がオレイン酸であること。(以下の赤枠の図①)

 

またポリフェノール、ビタミンE、βカロテンなどの抗酸化物質が溶け込んでおり、体臭にも良いとされています。

 

出典:日清オイリオHP「脂肪酸は、どんな働きをしているの?」より

 

※ちなみに日清のサラダ油は大豆油となたね油のブレンドでつくられています。(上の赤枠の図②)

 

ではオレイン酸はなぜ体臭に影響が出にくいのか?‥気になりますよね?

 

オレイン酸はなぜ良いの?

 

魚の油やクルミ、チアシードなどにも含まれているオレイン酸。

 

体臭に影響が出にくいとされる理由はオレイン酸自体、二重結合が一つしかない1価の不飽和脂肪酸であるため「酸化」されにくいのです。

 

したがって過酸化脂質も生成しにくいため、体臭に影響が出にくいと言えるでしょう。さらに悪玉コレステロールのみを下げる効果もあります。

 

脂質を酸化させるな!!抗酸化作用のある食べ物を多く摂取しよう

 

 

脂質をまったく摂取しないというのも、不快なニオイの発散を予防している皮脂膜の形成が上手くいかなくなるため、体臭予防に良くありません。

 

しかし、動物性の脂を摂取すると脂が体内で酸化していきます。そのため、体内でも脂を酸化させないよう抗酸化作用のある食品をとることが大切です。

 

忙しくて食事を作る時間がない。または食事を作らないかたは抗酸化物質を摂取することが困難です。そんな場合は手軽に抗酸化物質を摂取できる体臭向けサプリメントがあります。

 

当サイトがオススメする抗酸化作用が豊富な体臭サプリメントのページ

 

体内の脂を酸化防止するには、抗酸化ビタミンやファイトケミカルが良いとされています。

 

次の項目で抗酸化ビタミンとファイトケミカルを含む食品を成分別に見ていきましょう。

 

抗酸化ビタミンについて知ろう

 

抗酸化(こうさんか)ビタミンにはβカロテン、ビタミンC、ビタミンEなどがあります。

 

βカロテン

βカロテン
人参、パセリ、バジル、春菊、ほうれん草、だいこん葉、にら、ケール、モロヘイヤ

 

βカロテンは野菜に含まれている赤橙色の色素のことを指します。代表的なものでは人参が有名です。

 

βカロテンは脂溶性で抗酸化作用が強いことから、コレステロールの酸化を防ぎ、悪玉コレステロールを減らす作用があります。

 

調理のポイント!

脂溶性なので油と一緒に摂取することで、腸からの吸収が早くなります。そのため炒めるなどの調理方法が良いでしょう。

 

ビタミンC

 

野菜
ゴーヤ、パセリ、ブロッコリー、ピーマン、小松菜、チンゲン菜、わけぎ、にら、トマト、芽キャベツなど、しそ葉
フルーツ
レモン、アセロラ、イチゴ、甘柿、ネーブル、オレンジ、プリンスメロン、夏みかん、グレープフルーツ、はっさく、みかんなど

出典:40代からの気になる口臭・体臭・加齢臭 監修五味常明

 

ビタミンCで言えばレモンや柑橘類などの果汁などが挙げられます。その効果は抗酸化作用により病気やストレスからの抵抗力を強める働きをしてくれます。

 

調理するときのポイント!

摂取するときの注意点として、ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いのでできるだけ、生の状態で摂取することがいいでしょう。

 

また、たばこを吸う方はビタミンCを消費してしまうので体臭的にもよくありません。体臭が気になる方はできる限り喫煙は控えましょう。

 

ビタミンE

野菜
アスパラガス、アボカド、カボチャ、サツマイモ、大根葉、たけのこ、ニラ、ほうれん草、春菊など
魚介類
ウナギ、カレイ、鮭、サバ、サンマ、シシャモ、いくら、ブリ、ホタテ、マグロなど
フルーツ
キウイ、ブルーベリー、プルーンなど
その他
玄米、胚芽米、アーモンド、ピーナッツ、コーン油、菜種、ひまわり油

 出典:40代からの気になる口臭・体臭・加齢臭 監修五味常明

 

若返りのビタミンとも言われるビタミンE。脂溶性ビタミンの一つでもある。体内の脂質の酸化を防ぐ抗酸化作用の働きがあり、老化の防止や生活習慣病の予防に期待されてます。

 

調理する時のポイント!

脂溶性という性質のため、植物の油で炒めるなどして摂取するといいでしょう。

 

ファイトケミカルってなに?

 

ファイトケミカル‥具体的にどんな成分なのか説明します。

 

ファイトケミカル
ポリフェノール、リコピン、セサミン、茶カテキン、フラボノイド、カロテンなど

 

ファイトケミカルとはビタミン、ミネラル以外の微量栄養素のことを指し、抗酸化作用が強くいま注目されている成分で研究が進んでいます。

 

ブドウなどに含まれているポリフェノールカテキンなどは体臭サプリメントにも配合されており体臭ケアの製品でも多く使用されている成分となります。

 

ポリフェノールが体臭に与える影響はこちらの記事で書いています。

ポリフェノールで加齢臭対策!!ポリフェノールを知ろう

    ポリフェノールと聞くと、   抗酸化作用 美肌 アンチエイジング   など、とくに美容に関する印象を持たれると思います。   ポリフェノール、 ...

 

肉より魚!!‥さらに大豆も!!!

 

 

体臭防止には、動物性脂質の摂取を控える。そして、抗酸化ビタミン、ファイトケミカルの効果が期待できるということがわかったと思います。

 

体臭を対策するためには、たんぱく質の摂り方を見直すことにより、さらに体臭を防止する結果になります。

 

動物の肉はニオイを作りやすい?

 

動物の肉は脂質が多いというのは上記で説明したとおりです。それ意外にも、腸内環境を悪化させることも体臭の悪化につながります。腸内には100種類の常在菌が住みついており、善玉菌悪玉菌がいます。

 

菌の種類 ビフィズス菌(善玉菌) ウェルシュ菌(悪玉菌)
イメージ
役割 腸内の消化・吸収を助け免疫力を高める 腸内のたんぱく質を分解し、有毒な臭い物質を作る
好む食品 食物繊維を豊富に含む野菜、海藻、穀類を好む 脂肪やたんぱく質を多く含む食品が大好物

 

ビフィズス菌などの善玉菌が増えることで体臭が落ちつき、逆にウェルシュ菌などの悪玉菌などが増えることで体臭が臭くなります。

 

悪玉菌が好む動物性脂質を摂取し腸内で分解をすることで、臭いを持つ物質アセトアルデヒドや、アンモニア、インドールをたくさん作ってしまいます。

 

なので善玉菌が好むような食品を摂取することが良いでしょう。その食品は抗酸化作用を持つ大豆がおすすめです。

 

大豆には、抗酸化作用がある大豆サポニンのほか植物繊維を豊富に含む食品であるため、腸内環境を整えるのにはとても良いとされています。

 

なので体臭を気にするのであれば、動物性脂質の肉や乳製品などを多くとるのではなく、大豆を使った納豆や豆腐などを積極的に摂取するようにしましょう。

 

大豆には善玉菌を育てる作用も

 

腸内の善玉菌を増やすにはヨーグルトを食べてビフィズス菌を直接摂取するのが良いとされています。

 

しかし、ヨーグルトを一度食べたからといって、すぐに善玉菌に影響がでるというわけではありません。

 

摂取したビフィズス菌はあらかた胃の酵素によって死滅してしまうので、根気強く毎日継続する必要があり、ビフィズス菌を強く育てる必要もあるのです。

 

オリゴ糖でビフィズス菌を育てよう

 

ビフィズス菌を育てるために良い食品は先ほど紹介した大豆、ごぼう、アスパラガス、玉ねぎ、はちみつなどが挙げられ、それらには「オリゴ糖」が含まれています。

 

オリゴ糖は人の体に分解する酵素がないため、胃や小腸で分解されることなく、大腸にまで届けられます。大腸にまで届いたオリゴ糖はビフィズス菌の餌になることで腸内の善玉菌を増やすといった効果をもたらします。

 

なので、ビフィズス菌を含むヨーグルトを摂取した場合は、オリゴ糖が含まれている食品も摂取するという癖をつけると良いでしょう。

 

ちなみにオリゴ糖が含まれている体臭サプリメントが注目されています。手軽にサプリで摂取できるのがウケているのでしょう。

 

こんな食事は要注意!!

 

 

これまで体臭に関わる食品について解説してきましたが、次は実際の食生活に置き換えていきたいと思います。

 

今ではスーパーやショッピングモール、さらにコンビニでも揚げ物などのお惣菜が販売されてますよね。

 

どこでも気軽にファストフード感覚で食べられるのは非常に便利。しかし、その揚げ物やお惣菜は注意が必要です。

 

揚げ物は空気に触れて、油に入れたときから酸化が始まっており、たとえ揚げたてであってもそれは同じことなんです。

 

揚げ物への意識が変わる事実‥

 

お惣菜などを作る現場。その揚げ油の管理は各企業によって違いますよね。

 

実際の現場では油の交換が数日行われない企業も珍しくありません。その酸化している油で揚げたお惣菜は体臭にとって非常によろしくありません。

 

それは酸化しにくいラードなどでも同じこと。…ちょっと怖いですよね。

 

なので体臭ケアに真剣なら外食の揚げ物を口にしないのが無難。そのほうがどこの揚げ物か気にしなくていいですしね。

 

また揚げ物などを自宅で揚げる場合は、油の使いまわしをできるだけ避けましょう。やむなく食べた場合には運動をなるべくして汗で流すようにしましょう。

 

まとめ

 

 

自分の体臭は自分が摂取したものがニオイとなって出る。

 

とくに毎日の食事によるものが汗として体外に出ます。そのため抗酸化作用の含まれた食品をえらんで摂取するよう心がけましょう。

 

また食事による改善が難しい場合は動物性脂質をできるだけ避け、サプリメントなどで補う方法もあります。

 

食事自体を見直す!!と最初から意気込むと意外とハードルが高い現実に直面して辛いことも。サプリなども視野に入れ、あまり気を負わずにしたいものです。継続できなきゃ意味がありません。

スポンサーリンク

-食事

Copyright© 体臭チェックメイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.