体臭チェッカーの情報と体臭対策方法を提案します

体臭チェックメイト

洗濯方法

アンダーシャツのニオイを市販の洗剤で解消する方法!!臭いでお困りな奥様へ

更新日:

 

この記事は私”ユウキ”が担当します

 

旦那や子供の服の臭いがどうしても消えない…(泣)

 

そんな夏場の洗濯に嫌気がさしていませんか?

 

体臭を左右しかねない服のニオイ。できれば臭いなくキレイに洗濯してあげたいし、何度も洗濯したら服も消耗しますし、水道代と電気代も余分にかかってしまいます。一度の洗濯でにおいをスッキリ落としたいですよね。

 

とくに夏場にニオイが気になるTシャツの代表格が速乾性のあるスポーツTシャツ、いわゆるアンダーウェア

 

アンダーウェアは汗まみれになりやすく、また汗をかくシチュエーション(スポーツやトレーニング)で着用する機会が多いものです。洗ってるのに汗をかくと臭ってくる…そんなアンダーウェア。何度洗濯してもなかなかとれない強烈な臭いに四苦八苦したひとも多いはず。

 

そこで今回は、ニオイが落ちにくいとされるアンダーウェアの臭いのとり方について書いていきます。

 

 

 

アンダーウェアのニオイがとれない!!材質のせいなの?

速乾性重視のアンダーウェア。その素材にはポリエステルが使われていることが多いです。

 

ポリエステルは合成繊維のひとつ。素材として採用するメリットとして、

素材のメリット

  • 耐久性に優れている
  • しわになりにくい
  • 速乾性がある
  • 値段が安価

などの利点が挙げられ、Tシャツのみならずタオルにも広く使われている素材がポリエステルとなるわけです。

 

しかし、いいことばかりではありません。

 

ポリエステルには以下のような、

素材のデメリット

  • 汚れがたまりやすい
  • 汚れが落ちにくい
  • 静電気がおきやすい

~というようなデメリットも。

 

このポリエステルのデメリットこそが、服の雑巾クサさにつながる要因となってしまうのです。

 

洗濯機で洗濯がおわり乾かすタイミングですでに臭っている雑巾くささ。

 

そのためキチンと洗えていないのが洗濯した本人にわかりますし、「部屋干しすると」さらにニオイが気になってしまう…

 

それはニオイ菌が残っている状態なのでそのまま天日干しても、ニオイがきれいに消えません。

 

そんなときは普段どおりに洗ったのではダメだと認識し、洗い方を変える必要があります

 

衣類につかわれている素材は様々ですが、ポリエステル素材のものは極細の繊維であるため、原因菌がたまりやすくニオイが残りやすいのです。

 

そのため、そういった素材の洗濯物は洗うまえにあらかじめ分けておきましょう。

 

ニオイの元をしっかり除去するにはこういった選別がたいせつなのです。

 

人によってはスポーツウェアはニオイがとれないから1シーズンだけ着て捨ててしまうことも。人それぞれですし考えとしては割り切っていますが、貧乏性の管理人はもったいないと素直に思います‥

 

まず洗剤よりも洗い方と保管方法を見直そう

 

市販の洗剤は、メーカーもたくさんあっていったいどれが良いの?と迷ってしまってとうぜんです。

 

いろいろな洗剤を試すのもお金がかかります。

 

そんなことよりまずは、

  • ニオイの原因菌をしっかり落とす洗い方
  • ニオイの原因菌を増やさない洗濯物の保管方法

を見直すことを優先的に考えましょう。

 

では、次項で衣類のNGな保管方法について見ていきましょう。

 

こんな洗濯物の保管はNG

 

ニオイの原因は細菌の繁殖によるもの。

 

よって服に使われている素材だけでなく、脱いだ服の保管方法によってもニオイの原因を増やすことにもつながります。

 

脱いだ服の臭いを強くする4つの要因を以下にまとめました。

 

1.汚れた衣類を床に放置

 

脱衣所で服を脱いで床にそのまま放置していませんか?

 

脱いだ服がいくつも重なると通気性がわるくなり、ニオイ菌が繁殖しやすくなります。

 

脱いだ服は通気性のよい洗濯カゴに保管しておくと菌の繁殖を抑えることにつながります。

 

そしてできるだけ早めに洗濯し干してあげるよう心がけましょう。

 

2.脱いだ衣類を洗濯機の中に長い間放置する

 

洗濯機のなかは通気性が悪く湿気が多い場所です。

 

また暑い時期になると洗濯機につながってる排水溝からの湿気上がりなども考えられます。

 

しばらくのあいだ洗濯機に服を入れっぱなしにするのはさけましょう。

 

3.洗濯物をため込んでしまう

脱いだ洗濯物を長時間置いておくと菌が繁殖する要因となります。

 

いそがしいとつい、洗濯ものをまとめがち。そのあと休みの日に一気に洗濯!!というのがよくあるパターンです。

 

しかしそれだと、これまで説明してきた内容をすべてやってしまうのとほぼ同じになります。

 

洗濯物のニオイが気になるなら、こまめに洗濯してすぐに干すのが一番です。

 

まとめて洗濯機をかける際に多くの衣類を詰め込み過ぎるのはやめましょう。洗濯槽のなかで衣類がうまく回らなくなり洗浄能力も悪化するので注意!!

 

4.すすぎ終わった服をそのまま洗濯機に放置

 

洗濯機で洗ってもすぐ干さずそのまま洗濯機に放置するのはカビが発生する原因となります。やめましょう。そのため干す直前に脱水をおこなうようにしましょう。

 

湿った状態の衣類を放置するとニオイ菌を増やすことにつながります。

 

 

~以上の4点がNGな洗濯物の保管方法となります。

 

引きつづき、臭いが落ちにくいアンダーウェアの洗濯方法を次項でみていきましょう。

 

アンダーウェアのニオイ対策には粉末の漂白剤をつかう

 

アンダーウェアなどの速乾性のTシャツなどはニオイ菌が残りやすいという説明を前項でしました。

 

そういったものには粉末の漂白剤を使うのがベストです。

 

粉末の漂白剤はウール・絹の繊維製品には使えませんが、速乾性のあるアンダーウェアなどに使われるポリエステル素材なら生地も丈夫なので問題ありません。

 

漂白剤は花王ワイドハイターの粉末タイプがおすすめ。

ワイドハイターEX 粉末タイプ
種類 酸素系漂白剤
液性 酸性
使用

できないもの

ウール・絹には使用不可
つけ置き洗い

可能か?

洗剤なしでつけ置き可能
価格 内容量

 

530g入り本体 ¥494

450g入り詰め替え ¥395

※参考までに価格は

記事作成時のAmazon価格。

※スマホの方は横にスライドしてご覧いただけます。

 

液体のワイドハイターに比べると粉末は若干お値段張りますが、その効果はバツグンです。

 

使い方は洗濯用洗剤と一緒に入れるだけ。とても簡単です。

 

またワイドハイター粉末は単品でつけ置きも可能。

 

30分程度つけ置きすることで黄ばみ・黒ずみの汚れもキレイになります。汚れに対して強力なパワーを発揮します。

 

ただし2時間以上のつけ置きは厳禁!!使う際は必ず本体裏の注意事項をよく読んで使うようにね。

 

つけ置きする際は40℃のぬるま湯にワイドハイターの粉末を溶かすことで、さらに汚れを落とすことができます。

 

花王の液体ワイドハイターと粉末ワイドハイターのそれぞれの特徴について以下にまとめました。ぜひ参考にしてください。

 

液体ワイドハイター

  • 繰り返し洗うことで抗菌性発揮
  • 単体でのつけ置きは不可
  • ウールや絹など様々なものにつかえる

 

粉末ワイドハイター

  • 黄ばみ・黒ずみ汚れまでつけ置きで簡単キレイに
  • 単体でつけ置き洗いが可能(2時間以上は浸さないように注意!)
  • ウールや絹などには使用不可

 

液体ワイドハイターはいろいろな繊維に使えるため使い勝手は良好です。

 

それに対して粉末タイプは使用できる繊維は少ないものの、漂白・消臭・除菌に高い効果を発揮してくれます。

 

そのためニオイが強くなりやすい速乾性の高いスポーツウェアなどは、粉末タイプのワイドハイターを選ぶことで効果的にニオイを除去できることでしょう。

 

-洗濯方法

Copyright© 体臭チェックメイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.