体臭チェッカーの情報と体臭対策方法を提案します

体臭チェックメイト

ワキガ対策

【リフレア 口コミ】クリームとジェル違いはなに!?オススメはどっち?

更新日:

今回の記事は”ユウキ”が担当します

 

リフレアの商品の種類は大きく分けて

  1. ミストタイプ(スプレー)
  2. リキッドタイプ(ロールオン)
  3. クリームバータイプ(ステック)
  4. ジェルタイプ
  5. クリームタイプ

と5種類販売されています。それぞれに利点があり自身の用途に合わせて選べるのはいいですよね。

今回はその5種類の中からチューブタイプのジェル・クリームをワキガ体質の私”ユウキ”が実際に使ってレビューしていきたいと思います。

 

 

リフレア デオドラントクリーム・ジェルの特徴

医薬部外品
内容量 クリーム 30g

ジェル 25g

価格

(記事作成時)

どちらも614円(税込)

※近くのドラックストアでの購入金額

販売元 ロート製薬株式会社
まずは「リフレア デオドラントクリームとジェル」について注目したいポイントを挙げていきたいと思います。

 

それぞれ同じ有効成分を含むクリームタイプとジェルタイプの医薬部外品の無香料の制汗剤。

ワキの臭いケアの商品でも非常に有名な商品ではありますが、まずどのような点がリフレアの特徴になっているのかいくつか挙げてみました。

リフレアの特徴はこんな点

  1. キャップを開けてそのまま塗れるドーム型チューブタイプ
  2. 高密着持続処方
  3. 制汗剤の中でも価格が安め

 

特に注目したい点は大手の製品でありながら、ワキの臭いケアの商品の中で価格的に非常に安くなっています。だからといって内容量が少ないわけでもなく、ほかの制汗剤のものとさほど変わりません。

その為コスパの面でも非常に助かる商品となっています。

 

またこのリフレアチューブタイプの先端は、以下の画像のようにドーム型となっており

そのまま手を汚すことなく直接脇に塗ることも可能になっているんですよね。それと制汗剤として重要となるポイントの高密着持続処方も気になるところです。

 

その点は後程、使ってみてどうだったのかレビューしていきたいと思います。

 

使用されている成分は?

クリームとジェルに使用されている有効成分は同様で以下の3点となります。それぞれの働きも記載していますので、気になる方は働きの表示を開いてご覧ください。

 

2種の有効成分

1.イソプロピルメチルフェノール

クリックすると働きを表示します

殺菌・消臭

効能:微生物や雑菌の繁殖を抑える。

多くの制汗剤やフットケア製品などに消臭効果のある有効成分として使用されています。

他の表記例としては「シメン-5-オール」とも表記されます。

2.ベンザルコニウム塩化物

クリックすると働きを表示します

収れん・制汗

効能:毛穴を収縮あるいはふさぎ、汗を抑える

表皮のたんぱく質を収縮する作用で毛穴を引き締め、汗や皮脂の分泌を抑える働きをします。顔などに使う化粧品はマイルドな植物エキスなどが使用されますが、制汗剤として使用されるのはアルミニウムや亜鉛の化合物などです。

3.クロルヒドロキシアルミニウム

クリックすると働きを表示します

収れん・制汗

効能:毛穴を収縮あるいはふさぎ、汗を抑える、殺菌する

難しい表記になっていますが、基本はミョウバンです。毛穴を引き締めて、収れん・制汗作用に優れています。なかでもクロルヒドロキシアルミニウムは効果が高いとされており、刺激も少ないため多くの制汗剤に使用されています。

 

また全成分をご覧になりたい方はこちらを開くことでご覧になれます。↓

成分表に記載されている成分を開く

※下の画像はデオドラントジェル本品裏側にある成分表です。

デオドラント ジェル

ベンザルコニウム塩化物、イソプロピルメチルフェノール、クロルヒドロキシアルミニウム、臭化セチルミン酸Mg、メチレンビス(イソシアナトシクロヘキサン)・PPG共重合体、メチルグリセリルエーテル、メントール、エタノール、DPG、スクレロチウムガム、ハッカ油、POPジグリセリルエーテル、塩化Na、疎水化ヒドロキシプロピルメチルセルロース

 

※下の画像はデオドラントクリームの本品裏側にある成分表です。

リフレア デオドラントクリーム

ベンザルコニウム塩化物、イソプロピルメチルフェノール、クロルヒドロキシアルミニウム、臭化セチルトリメチルアンモニウム液、シクロぺンタシロキサン、ポリアクリル酸アルキル、濃グリセリン、POE・POPジメチコン共重合体、イソステアリン酸ソルビタン、エタノール、メントール、シリル化処理無水ケイ酸、イソノナン酸イソノニル、ラウリン酸ポリグリセリル

使用されている成分を確認したところで、次項から実際に使ってレビューしていきたいと思います。

 

リフレアチューブタイプの2種類を実際に使ってみました

これらを実際に使ってそれぞれのオススメできる点、オススメできない点などを挙げていきたいと思います。

 

リフレアデオドラントクリーム・ジェルの2種を実際に使ってみました

ジェルタイプ

クリームタイプ

ジェル評価 クリーム評価
1.塗りやすさ
2.制汗効果
3.消臭持続時間
4.携帯性

 

実際に使ってみて評価は以下の通りとなります。それぞれの評価の理由を以下で解説していきます。

 

1.塗りやすさ

ジェルタイプ:

クリームタイプ:

チューブタイプがドーム型になっている点について

確かにそのままドーム型の面を当てて塗ることは可能なのですが、しっかりとワキの部分に塗り込むというのは実際にやってみると難しい。

使用量を手に出さずに使う場合、使用量もイマイチわかりずらいところもあまり実用的とは言えません。あくまで「そのままでも塗ることができますよ」程度の感じだというように思っておきましょう。

もし手を汚したくないというかたはロールオンタイプのリキッドもあるのでそちらを使うといいかもしれません。

 

液剤の塗りやすさについて

ジェルタイプとクリームタイプでは液剤の伸びが違ってきますジェルタイプのほうが伸びがよく塗りやすい上、乾いた後はサラサラする感じになるので爽快感があるといった感じになっています。対するクリームタイプは伸びはしますが、ジェルほど伸びない感じで、塗った後はすこしベタベタする感じです。この感覚は好みが分かれるところでしょう。

 

ロールオンやスティックタイプとは違い様々な箇所に塗ることができるのもチューブタイプとしての利点です。手を洗うという手間は増えてしまいますが、使い勝手の良さではトップといえるのではないでしょうか。

 

2.制汗効果

ジェルタイプ:

クリームタイプ:

私”ユウキ”はジェルタイプとクリームタイプどちらも制汗に関して過度な期待は禁物だと思いました。

熱い場所にいるときや軽い運動した後にはきちんと汗がでます。両方試してみたのですが、どちらもそれほど差がないように感じています。

なので多汗でワキの汗ジミを抑えたいという方は他の商品を選んだほうがいいかもしれません

 

3.消臭持続時間

ジェルタイプ:

クリームタイプ:

消臭に関して、私”ユウキ”が使った感じではクリームタイプのほうが持続時間が長いような実感はあります。また液剤を手で塗り込んだ際に水で落とすのにもジェルよりもクリームのほうが密着度は高いように感じます。

 

効果時間に関して、クリームの場合は朝使用して夕方まで持続するのに対してジェルのほうはそこまで持続感がないという実感があります。

もちろん汗をかいた量にもよるとは思いますが、使い比べてるとクリームのほうが持続力がやや高いと感じています

 

4.携帯性

ジェルタイプ:

クリームタイプ:

どちらも同じタイプなので同じ評価なのですが、チューブタイプでコンパクトなので携帯性に非常に優れていると思います。

携帯性に関してはチューブタイプのものが一番良いと当サイトでは考えています。

 

ワキ以外の場所に使うのはどお?

汗の出やすい箇所に使用できるということでワキ以外の箇所にも使用して見ることにしました。

使用してみた箇所は

の計3か所になります。その中で良かった点と悪かった点を挙げていきたいと思います。

 

足に使用するのはどちらもあまりオススメできないと思います

実際にジェルもクリームも両方塗って乾かした際はサラサラしているのですが、汗をかくとヌルヌルとした感覚になってしまいちょっと気持ちがあまり良くないんですよね。

なので足には足用の制汗剤を使う方がいいと思います。

 

首や胸にはジェルを使用するのがオススメです

ジェルなのでスッ―爽やかな感じがしますし、液剤の伸びもいいので塗りやすいのも良い点。首や胸なども皮脂の分泌が多く出やすい箇所なので塗りやすいジェルを使うと簡単にケアできますよ。

 

デリケートゾーンには使えるの?

女性にとってのデリケートゾーンの臭いは気になるところですよね。

汗をかいたときや月経時には、下着などで蒸れてしまいニオっていないかなって不安になることもしばしば。デリケートゾーンは臭いの汗が出るアポクリン腺が多い箇所のためニオイが出るのはしょうがないところでもあるのです

 

リフレアはデリケートゾーンへ使用できるという記載はありません

あくまでもワキの下になどの汗の出やすい箇所に塗るようにとの記載があるだけ。それにデリケートゾーンは洗いすぎるのも膣を傷付ける原因ともなり、ましてやかゆみの原因ともなるようなもの塗るのもなんだか不安。

 

敏感なデリケートゾーンだから優しい天然成分が配合されているクリームを使うのがいいでしょう。こちらはワキガとデリケートゾーン両方に使えるクリームになっているので臭いに悩む方はこちらをチェックしてみてください。スソワキガにも使える天然成分配合の制汗クリーム

 

まとめ

昔から販売されている大手のロート製薬の商品なので消臭効果は非常に高いものだと実際に試して感じました。

しかし、汗を抑えるという点ではかなり弱めで、使用者の口コミなどを見ても実感ができないという書き込みをいくつも見られました。その点は私”ユウキ”も同じ意見をもっています。

 

しかし、液剤の密着度や消臭効果に関しては比較的に低価格でありながら高い水準を保っていると感じます。またジェルとクリームでは使い心地や利点がそれぞれにあるため、自身のこのみに合わせて選べばワキの臭いをブロックできると感じました。

スポンサーリンク

-ワキガ対策

Copyright© 体臭チェックメイト , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.